東京駅土産

東京駅 土産

日本の中心であり、人が一番集まり色んな事を開花させる東京。東京駅の土産といえば有数の名物銘菓や名物弁当。中でも日本を代表し、人気ある東京駅の土産をここで紹介します。

東京駅の土産銘菓

東京バナナ(東京ばな奈)

東京バナナは正式には東京ばな奈と書きます。東京といえば東京バナナでしょう。見た目もシンプルで可愛らしく、バナナカスタードをたっぷりとふわふわのスポンジケーキで包んだ洋菓子。口当たりがとても軽く、甘さが口の中いっぱいに広がりますよ。

他にも、東京バナナレーズンや、東京バナナパイ、東京チョコバナナ、東京バナナゴーフレット、東京バナナ黒ベエ等があります。たくさんの種類がありますが、どれも東京駅でのお土産としておすすめです。

チーズうさぎ

可愛いうさぎの様なふわっとした見た目をしているお餅で、とてもコシがあるのです。中には、まろやかで優しい味のチーズクリームをふんだんに使用しています。食べるのが勿体ないくらい可愛いお餅。
また一口サイズのチーズうさぎ(こだまちゃん)や、ロールタイプのチーズうさぎなどもありますよ。うさぎのようにふわふわっとしたのが印象的な銘菓です。

銀座コロンパン栗のケーキ

新鮮なバターをふんだんに使用した、おしゃれなカップケーキの中に、栗のおいしさを封じ込めたカップケーキ。この二つの絶妙な味をご賞味してみて下さい。

銀座コロンパンそふとクッキー

新鮮なバターをふんだんに使用し、とても柔らかくふわっとした生地でたくさんのフルーツを包み込んだクッキーですよ。チェリーやパイナップル、オレンジをミックスしたフルール。そのフルールとラム酒に漬けておいたレーズンの詰め合わせの銘菓です。

東京たまごのごまたまご

見た目はそのままたまご。黒ごまペーストと黒ごまの餡をスポンジ生地で包み、ホワイトチョコで包まれた可愛いたまごの形をした洋菓子。このごまたまごは、甘過ぎず、ごまのまろやかな風味がたまらない。一人でいくつも頂きたくなってしまう東京駅の銘菓。
また、数や値段はお求めやすいので、ぜひ東京に、東京駅に訪れた際にはこの、東京たまごのごまたまごを。

舟和芋ようかん

昔ながらの伝統を守り続けており、職人手作りの浅草名物で、とてもなじみ深い芋ようかん。甘味が少なく、さつまいもの独特な風味をより活かして作られたようかんです。色具合も濃い黄色をしており綺麗ですよ。

バウムクーヘン東京トゥルム

空高くそびえる塔をイメージした、縦に長いデザインのバウムクーヘン。バターがたっぷりでとても美味しく、バウムクーヘンの周りにたっぷりコーティングされたホワイトチョコレートも吸い付いてしまうような味わい。

ぬれ甘なつと

北海道の粒、大納言小豆の形をそのまま生かし、とても柔らかく煮込み、見た目もしっとりとしており、とても美しい色つやを出しております。お口に程よい上品さがあり、まろやかさ抜群の甘納豆です。

うす焼草加

とても丸型で薄いお煎餅を、自然そのままに焼き上げた草加煎餅です。味は、しょうゆ、ごま、切海苔、海苔の四つであり、そりかたが特徴なので、あばれ煎餅とも言われているのですよ。パリッと歯ごたえ抜群は草加煎餅ならではの味わい。