北海道土産

北海道 土産

海の幸豊富な北の大地北海道。一度は訪れてみたい北の国と言われています。自然の恵みをたくさん味わえるそんな人気が高く、皆様に是非味わって頂きたい北海道土産を紹介します。

北海道の土産に - 石屋製菓白い恋人

北海道といえば定番中の定番の北海道土産。この白い恋人の名称を聞いた事ある人は大勢いると思います。皆さんから愛され続けて30周年を迎えた石屋製菓の白い恋人。

どれも高級な原材料から作られているホワイトチョコレートにラングドシャー。その二つが結ばれて出会い、完成するのがこの白い恋人なのです。こんがりと綺麗に焼き上げたラングドシャー。時間をかけて練り上げた口当たりまろやかなホワイトチョコレート。また、出来上がりを一つ一つ丁寧に確認をし、そのままの美味しさと、新鮮さを生かしたままきっちりと一枚一枚包装されているのですよ。

ホワイトチョコレートだけではなく、ブラックなど選べます。ぜひ、恋人に北海道土産、プレゼントする時にはおすすめです。他にも、チョコレートドリンクや美冬など、代表される北海道土産があるのでチェックしてみてはいかかでしょうか。

人気度の高い北海道 土産 - じゃがポックル

北海道土産ではNO1といっても良いくらいでしょうか。人気度が高いこのじゃがポックル。北海道のじゃがいもをふんだんに使用し、フライドポテトをそのままお菓子に変化させた銘菓。歯ごたえ抜群、サクッとしているのですが、硬すぎず柔らかすぎず一度食べたら止められない。微妙な塩味がファンにはたまらない絶品銘菓。

私個人的にファンであり、一人で数袋平らげてしまうほど、本当に美味しいです。気がついたらあなたも数袋手をつけてしまっているはずですよ。かなり人気があり、売り切れてしまう商品ですので、お買い求めの際は是非お早めにどうぞ。また、数量や価格がとともお求めやすいので、お子さまがいらっしゃる家庭にはおすすめです。


ロングセラーの北海道土産 - とうきびチョコ

昔からなじみのあるロングセラーチョコレート。1985年に完成し、この銘菓を知らないと言う人はいないはず。可愛らしいロゴとパッケージも見物。北海道のとうきびをそのまま使用し、とうきびのつぶつぶがそのままチョコと一緒にいただけてしまうのですよ。チョコレートの甘さだけではなく、とうきびの甘さも一緒に楽しめる銘菓です。硬さはなく、歯ごたえも軽いですよ。こちらの商品も私個人でもお気に入りであり、一度口にしたら止められない。こちらも数量価格がお求めやすくなっていますよ。


定番のお土産 - わかさいも

北海道土産には欠かせない一つとして、代表されるのはわかさいもではないでしょうか。どの店鋪や駅には必ず定番としておいてあります。見た目は焼き芋、さつまいもの様なシンプルで馴染み深い銘菓です。毎年秋に収穫される地元洞爺周辺にある大福豆を使用し、品質や味には厳しい確認は怠りません。こんがり焼けた皮には卵黄しょうゆが塗られているのですよ。また、中に昆布の筋が入っており、昆布の味とまろやかな甘さの餡、皮のこんがりとしたしょうゆ風味が一つとなり見事なハーモニーを演出。数も6個から20個入りまでと豊富なので北海道土産にはもってこいの銘菓ですよ。


喜ばれる北海道の土産 - ロイズの生チョコレート

お口いっぱいまろやかにさせてしまう北海道のロイズの生チョコレート。この生チョコレートには、水分が他のチョコレートよりも多く含んでおります。また、生チョコレートの約4分の1は新鮮な牛乳で作られた生クリームやリキュールを使用しているそうです。このロイズの生チョコレートは大人の味を引き立ててくれます。味も豊富であり、定番オーレからキャラメル味まであるので、一つ一つの味を確かめてみてはいかがでしょうか。


北海道限定のデザート土産 - 夕張メロンピュアゼリー

最高級の夕張メロンを使用しており、採れたての夕張メロンの透き通った香りと、お口に入れたらするっと瑞々しい食感と、すっきりとしている甘さがそのまま味わう事の出来るゼリー以上の最高級デザートとも言えるでしょう。世界でも注目されている夕張メロンゼリーを北海道土産に是非どうぞ。


北海道の銘菓 - 札幌タイムズスクエア

ふわふわとした、指でそっと触るだけでも崩れてしまうようなスポンジに、中にはとろけてしまうカスタードがたっぷり入っております。見た目通り、優しい食感と、お口がとろけてしまうような甘さ。カスタードのプレーンだけではなく、甘さ控えめな小豆もおすすめですよ。


北海道の名物 - 長沼成吉思汗(ジンギスカン)

北海道と言えばジンギスカンでしょう。夕張長沼町出身のジンギスカンは、創業当初から、こだわりのジンギスカンを守り続けており、中でも代々受け継がれて作られている秘伝のタレは今でも愛され続けております。ジンギスカンとして召し上がるだけではなく、野菜炒めや、焼うどんとしても美味しいですよ。


お菓子の土産 - はすかっぷ讃歌

北海道で7月頃に実がとれるハスカップをふんだんに使用したクッキーです。クッキーの間から綺麗な赤紫色をしたクリームがまた美しく、上品さが伺えますね。ハスカップの酸味あるチョコレートと生クリームをミックスしており、新鮮なバターを使用したクッキーが、このハスカップクリームとまたうまく絡み合っています。ハスカップクリームにはつぶつぶが入っており、また別の食感を味わえる楽しみがあるのですよ。北海道ならではの果実を、このクッキーで味わってみてください。


北海道大沼の名物 - 元祖大沼だんご沼の家(ぬまのや)

大沼公園に訪れた方は必ず目にするお店がいくつかありますね。この沼の家の大沼だんごは、明治38年の創業以来から何一つ変わらぬ手作りの味、まさに大沼名物でしょう。創業当初は駅で売られていたのですよ。この大沼だんごには根強いファンがたくさんいらっしゃいます。

全て、高級上質の材料を使用した3種類の味は、餡、しょうゆ、ごまがあり、だんごは、うるち米100パーセント使用しているので、口当たりがもちもち。また、とても食べやすい一口サイズなのが可愛い。一つのパックに2種類のだんごが入っていますので、お好みの味を選んで見て下さい。大沼との関係がとても深い沼の家のだんごを北海道土産の定番といっても良いでしょう。


銘菓土産 - 千秋庵山親爺(せんしゅうあんやまおやじ)

千秋庵と言えば山親爺。老舗当時から人気高く、北海道土産では欠かせない銘菓ではないでしょうか。おせんべいですが、材料はバターやミルク、卵で作られたどちらかというと、名前の割りには洋風な感じがするのではないでしょうか。またパッケージは缶入りや箱入りがありますよ。昔ならではの北海道土産として山親爺はいかがですか。こちらも、数量や値段がお求めやすくなっております。


道南・函館の土産に - 布目の黄金松前漬

道南、函館近隣の松前町の昔から愛され続けて作られて来たのが松前漬。数の子をたっぷりと使用しており、地元松前産のスルメに、道南尾札部の昆布を豪華にこの松前漬に使用しているのですよ。一つ一つ、端麗に手作業で行われており、昔から変わらぬ作法なので、味もコリコリっとした歯ごたえ、職人さん手作りの味がそのままお口に伝わってきます。