広島土産

広島 土産

広島といえばプロ野球の広島東洋カープや、サッカーチームのサンフレッチェ広島などのスポーツチームが有名でしょう。また、広島風お好み焼きなどは全国的にも有名な食べ物で大好きな人も多いのではないのではないでしょうか。広島にはお好み焼き以外にもオススメできるお土産や名産があります。ここではそんな広島土産を紹介していきます。

広島の名産!牡蠣をお土産に

広島の名産品に牡蠣があります。大粒の身なので食感も良くぷりぷりしています。殻付きのものもありますし、むいたものもあるようです。

新鮮なものは到着後すぐであれば生でも食べることができます。焼いたり、フライにしたり美味しい食べ方もいっぱいあるので、お世話になっている方へのお土産として送ってみてはいかかでしょうか。

広島風お好み焼き

お土産としてわかりやすく、貰った人も美味しく食べられるのが広島風のお好み焼きのお土産です。会社で出張した時のお土産としては1枚の量が多いので難しいかもしれませんが、家族や仲の良い友達などのお土産として送ると喜ばれるのではないでしょうか。この広島風のお土産は2種類存在します。以下に2つの種類の特徴を紹介します。相手が貰って嬉しいほうを選ぶことをオススメします。

お好み焼き材料セット

1つ目の種類はお好み焼き材料セットと言い、材料の一部が揃っており自分でお好み焼きを作るタイプです。主に用意しなければいけない材料は肉・野菜・卵です。それと広島風にするために必要不可欠な焼きそばも用意します。他に自分オリジナルのお好み焼きにするために他の材料を加えても美味しくできそうです。

広島風お好み焼きを作ったことがなく、作り方がわからない人でも安心な作り方の書いたノートもついてきます。このお土産5人前で1000円くらいなので、家族のために買って家族みんなで食べたりするのが良いと思います。料理の全然しない人に送ったりするのは辞めておいたほうが良いでしょう。

広島風お好み焼(冷凍)

2つ目は先ほどの自分で作るタイプとは違い冷凍のお好み焼きです。冷凍なので、電子レンジで温めるだけで簡単に美味しく食べることができます。付属のお好みソースと青海苔をかけて本場広島のお店で食べるような味を頂くことができるのでオススメです。

10枚で5000円ぐらいなので、お店で食べる値段とそんなに変わらないのではないでしょうか。また冷凍なので、一気に全部食べる必要はありません。これなら料理をしない人に送っても喜ばれることでしょう。

お好み焼きをお土産にしたいと考えている人は、どちらのタイプを送ったら喜ばれるかを考えてから買うことをオススメします。

広島の一押し土産!もみじ饅頭

カステラ生地の中に餡子が入っている「もみじ饅頭」が広島土産の定番だと思います。12個や16個など詰め合わせとなって販売されているので、会社などのたくさんの人に配るには最適でしょう。もみじ饅頭を売っているお店の中で有名な店として藤い屋を紹介したいと思います。

藤い屋ではカステラ生地の中にこし餡やつぶ餡などが入っているもの以外にも色々な種類のものが売られています。抹茶やカスタードクリーム、チョコレートといったものから、春もみじと呼ばれるチーズが入ったもみじ饅頭もあります。色々な味を楽しみたい場合、各種詰め合わせを買うと良いと思います。